1. HOME
  2. ブログ, 未分類
  3. 海外ウェディング~Part2~

Blog
ブログ

ドレシアのブログです。

2015.06.22

海外ウェディング~Part2~

こんにちは!阪急梅田茶屋町口店です( *´艸`)

本日は海外ウェディングの第2弾となります☆★

今回ご紹介する国は・・・・・・・・!(^^)!

最近、人気上昇中のアメリカです♪

リゾートとはまた違った服装や風習もお伝えしていきます!!

 

アメリカの場合、日本でいう婚姻届の提出にあたるのが結婚式です。

キリスト教など宗教のあるカップルは教会で式を行いますが、基本的には、資格を持った人の前で証人と共に結婚を誓うことで

法的に夫婦と認められることになります。

そのため、形式にとらわれがちな日本の結婚式と違って、お金をかけずに合理的に行われることが多く、場所も市役所のほか

自宅、公園、レストランなど多様です。

最近、ニューヨークではCITY  HALLで挙げられる方は多いです(*´▽`*)

 

♡招待されたら

招待状はふつう、郵便で送られてきます。

日時と場所が書かれた手紙と一緒に出欠を確認するカードが入っているので、必ず返信する必要があります。

万が一返信用のカードが入っていなくても“RSVP”と書かれていたら出席の返事をしなくてはならず、欠席の場合も

返事をしないのは失礼な行為となります。

また、“and guest”と書いてある場合には、友人なども同伴してもいいということですが、その際は一緒に行く人の名前も

添えて返信してあげると親切です。

 

♡服装は?

招待状に“カジュアルな服装でお越しください”と書いてある場合は、本当にカジュアルでOK(^O^)

逆に、“White tie”と書かれている場合は、第一礼装の燕尾服、“Black tie”なら準礼装のタキシードか

ディナージャケットと黒のネクタイを着用しなくてはなりません。

また、“Black tie optional”と書かれていれば、ビジネススーツでも良いということになります。

特に指定の無い場合は、関係者に確認するのをお勧めしますが、一般的には紺またはグレーのダークスーツ

が良いです。

アメリカでは黒いスーツを着るのは親族と近い関係者のみだからです!!

女性の場合は、昼間なら普通丈のドレスやお洒落なブラウスとスカート、夜に行われるフォーマルな式では

ロングドレスが一般的です。

黒はできれば避けたい色ですがドレッシーなデザインで喪服を連想させるものでなければ大丈夫です。

また、日本と同様で、白やアイボリー以外で花嫁よりも目立たないように気を使うのもマナーです。

☆お昼☆

IMG_0152  DRESS03

 

 

☆夜☆

IMG_0193   IMG_0064

 

いかがですか?

日本とアメリカではまた違った結婚式を味わえますね(*´ω`)

形式にとらわれず自由に行うのがアメリカです!!

是非、参考にしてみてください♪